デザイナーズマンションのデメリットって?

やっぱりマンションって自分だけの空間だからこそ、自分好みのところで優越感や満足感に浸りながら暮らしたいものですよね。

名古屋みたいな大都会でデザイナーズマンションに住むなんて、やっぱり素敵すぎます!

でも、チェックしておきたいのがデメリット。

デザイナーズマンションの魅力にばかり目がいって契約してしまっては、住んでから後悔してしまうかもしれません。

デザイナーズマンションのデメリットとして一番に挙げられるのが、「家賃が高いこと」。

デザイナーズマンションは一般的なマンションとは違って低コストを重視して建てられていません。

あくまでデザイン重視。

だからこそ、一般的なマンションにはない「デザイン料」というのも発生するし、個性的な設計を実現させるべく特殊な素材を特別に調達している場合もよくあります。

なので家賃が高くなるのは当たり前。

普通では得られない優越感や満足感をお金で得ているという言い方もできるかもしれません。

また、最近のデザイナーズマンションはだいぶ機能性が上がってきていますが、まだまだ機能性が低いという声もよく聞きます。

どうしてもデザイン重視となっているため、機能は二の次になってしまうのは仕方ありません。

以前は、デザイナーズマンションに住むのは一部の超こだわり派の人だけでしたが、最近ではデザイナーズマンション人気が上がってきていることもあり、普通の人でも比較的住みやすいデザイナーズマンションが名古屋でも多くなってきています。